着物で京都観光をする男性必見|着物での歩き方や所作を解説


今回は男性向けのマメ知識を・・・

「着物を初めて着る」
「着物を着ているときの所作が知りたい」
京都では、着物で観光することも多いので、このような悩みを持っている男性が多いです。
せっかく着物を着るなら、かっこいい立ち振る舞いをしたいですよね。
今回は、そんな方に着物を着ているときの歩き方や立ち方といった所作をご紹介します。

□姿勢に注意

着物を着ている際は、背筋はもちろんですが指の先までしっかり伸ばしましょう。
なぜなら、着物を着ている際に見えている部分は頭と手と足のみのため、自然とそこに注目が行くからです。
そのため、指先が遊んでいるとだらしない印象を与えてしまいます。
背筋と指先をピシッと伸ばして歩くことで、着物を着こなしているかっこいい印象を与えましょう。

□立ち方

歩かずに立っているときも、姿勢を崩さずに頭の先から指先までしっかりと伸ばしましょう。
立っている際に姿勢を崩してしまうと、だらしない印象を与えるだけではなく着物の着崩れにもつながります。
また、腰を軽く力を入れると姿勢がよく立ちやすいです。

□歩き方

着物を着て歩く際に、日常と最も大きく違う点は雪駄やゲタを履いていることです。
履きなれていないので、はじめは歩きにくいでしょう。
歩きにくいため、内股になってしまう方が多いです。
しかし、内股で歩くとあまりかっこよくないので注意しましょう。
歩き方のコツは、靴のようにかかとからつま先を蹴るのではなく、足の平を地面と平行にして外向きに足を出すことです。
これにより、内股にならず、足の負担が軽減されより歩きやすくなります。
また、いつもよりゆっくりなペースを意識して歩くと歩きやすいです。

□腕の振り方

洋服を着ているときのように、腕を大きく振りすぎないように注意しましょう。
なぜなら、腕を大きく振ってしまうと着物の着崩れに繋がってしまうからです。
いつも歩いているときより、少し小ぶりに腕を振ることで着崩れもせず、上品に振舞えます。

□袂(たもと)に注意する

着物は、普通の洋服と比べて袂(たもと)があります。
そのため、食事の際や座った時に袂(たもと)が引っかかってしまいコップやグラスを倒してしまいます。
着物を着ている際に、物をとる場合には袂(たもと)を抑えて注意しましょう。

□まとめ

以上のように、女性と同様に男性にも着物を着た際におすすめの歩き方や立ち方と言った振舞い方があります。
これらは、形式上のものではなく、着物をきて過ごしやすくする効果もあるのでぜひ取り入れましょう。