京都で着物レンタルをしよう!歩き方のコツを教えます


京都で着物をレンタルすることをご検討中の方は沢山いると思います。
着物を着て京都の町を散策することに憧れる女性は多いですよね。
せっかく着物を着るのなら、きれいに可愛く見える歩き方を知っておきたい方も多いのではないでしょうか。
今回は、着物を着ているときの歩き方のコツを紹介します。

□着物での歩き方の基本
着物で歩く際には、普段とは少し違った歩き方を意識することで、美しく上品な印象を与えることができます。
まず、足先はまっすぐ、もしくは少し内向きにすることです。
あまり内向きになりすぎては不自然なので、足先がなるべく外を向かないように意識することが大切です。
また、少し内股気味で歩くのも美しく見えるポイントのひとつだとされています。
次に、歩幅を小さくすることで上品な歩き方に見せることができます。
普段の歩幅の半分を目安に歩くくらいがちょうどいいかもしれません。
この際、大きな足音を立てて歩かないように注意しましょう。

□立ち姿
着物を着る際には、立ち姿の美しさも意識した方がよいです。
基本的には、姿勢を正し自然に立つことを心がけるようにしてみましょう。
また、立ち止まっている際にも歩いているときと同様に、つま先はまっすぐか、少し内側に向けるようにしましょう。
両手が空いている際は、手をキレイに揃えることも上品に見えるポイントのひとつです。
左手を上に、正面で揃えると美しく見えます。
写真を撮る際には、手を揃えることと少し斜めに構えることを意識すると、自然で美しい印象を与えることができます。

□階段を昇り降りする際や座る際
着物で歩く際には階段を昇り降りする、休憩や食事のために座るといったこともあるでしょう。
まず階段を昇り降りする際のコツは、裾が階段に触れないようにするために、裾をほんの少し持ち上げることです。
裾を持ち上げずに、平らな地面と同じように階段を登ると、裾を踏んで転んでしまう危険があります。
これは美しく見えるだけではなく、着物を着て歩く際に危険を避けるためでもあるので覚えておいた方が良いです。
着物で座る際には、浅く腰掛けるのが基本になります。
注意すべきは、車に乗り降りするために座ろうとするときです。
洋服を着ているときのように、足から入ってしまうと着崩れてしまうことが多いです。
車に乗り降りする際には、裾を持ち上げ、お尻から座席に滑りこむように腰を下ろすことを心がけましょう。

□まとめ
今回は、着物を着ているときの歩き方のコツと注意すべき点を紹介しました。
この歩き方をマスターすれば、より一層、着物の美しさや上品さを際立たせることができます。
着物をレンタルした際には、この歩き方を意識してみてはいかがでしょうか。