レンタル着物で京都観光!着物の着方を解説


着物を着てみたいけど、着方が分からなくて困っているという方はいらっしゃいませんか。
着物の着方ってなんだか難しそうなイメージがありますよね。
しかし、実際にはどのような手順で着付けを進めるかだけでも知っておくとまた見方が変わってくるものです。
今回は、着物の着方を手順に沿って解説します。

□着物の名称
着物の着方を解説するにあたって、いくつか覚えておくべき名称を紹介します。
まず、首から腰あたりまである衿(えり)の先の部分を衿先、そこから足までの下の部分を衿下と呼びます。
次に、脇の部分から胸までを覆う部分の長さを前巾(まえはば)と呼び、重なる際に下になる方を下前、上になる方を上前と呼びます。
今回は、これらを覚えておけば理解しやすいでしょう。

□着物の着方
では、実際に着物の着方について解説します。

*着物をはおる
まずは腰紐を巻くまでの手順から解説します。
最初に着物をはおり、袖を通したら、左右の衿先と衿下を合わせます。
ここで、着物の左右がズレないように注意するようにしましょう。
次に、衿を持ち、着丈を決めましょう。
ここでも着丈がズレないようにしっかりと引くようにしましょう。
その後、右ももの一番張っている位置の1〜2cmの部分がかぶるところを目安に上前巾を決めます。
この際も、着物がズレないようにおしりの位置でしっかりと引くようにしましょう。
上前巾を決めたら、上前を開いて下前を巻き込みます。
衿を少し上に引き上げることで、仕上がりの形が美しくなります。
下前を巻き込むことができれば、上前を平行になるように重ねます。
この際に手のある位置が、腰紐を巻く位置となります。

*腰紐、胸紐を巻く
着物を固定させるための腰紐、胸紐の正しい巻き方を解説します。
先ほどまでで決めた、腰紐の位置を左手で抑えておき、右手で腰紐を持ちます。
上前を抑えている左手に腰紐を渡し、そのまま腰にぐるりと巻いていきます。
結ぶ位置については決まりがないので、好きな所で結ぶようにしましょう。
この際、腰の上にある余った部分をおはしょりと呼びます。
このおはしょりを整理し、袴を整えて胸紐を巻く準備をします。
胸紐は、下前の衿の折り返しにかかるように巻きましょう。
この腰紐、胸紐を巻く作業は少しだけ慣れが必要です。
うまくいかなかった場合は、コツをつかむまで何度か練習してみましょう。

*伊達締めをする
胸元のゆるみを両脇に寄せ、伊達締めで押さえます。
おはしょりの長さは、帯下から5〜7cmくらいにすると形が整って見えます。
最後に背中の縫い目が中心にあるか、シワがないかを確認し、調整をするようにしましょう。

□まとめ
今回は、着物の着方を手順に沿って解説しました。
今回お伝えした情報した参考に、あなたも着付けにチャレンジしてみてはいかがですか?