着物で京都観光する方必見|着物が着崩れせず汚れないトイレのコツとは?


着慣れない着物で京都観光・・・誰もが思う心配点「トイレ」について説明します。

「着物を着てトイレをするときの注意点が知りたい」
「着物を着てトイレをするコツは?」
以上のように、着物を着ているときにどのようにトイレをするか悩んでいる方は非常に多いです。
得に、レンタルの着物の場合は汚してしまわないか心配ですよね。
今回は、着物を着てトイレをする際の注意点やコツをご紹介します。

□男性の場合

男性の場合は大の場合と小の場合が異なるため、それぞれ解説します。

*小の場合

男性の場合、小の方は比較的簡単に足すことができます。
まず、肩幅より少し大きめに股を開きます。
そして、両手で前をしっかり開いて用を足しましょう。
この時に、裾(すそ)が垂れて汚れないように気を付けましょう。

*大の場合

和式よりも洋式がおすすめです。
まず、背縫い(せぬい)の裾(すそ)を帯に挟みます。
次に、左右の裾(すそ)も同様に帯に挟みます。
そして、挟んだ裾(すそ)が垂れないように気を付けて用を足しましょう。

□女性の場合

女性は、男性の場合よりも難しいです。
しかし、コツを抑えて慣れるとそれほど苦にならないので頑張って覚えましょう。

*汚れないようにするには?

要を足す前に、袖(そで)や裾(すそ)が邪魔にならないようにしましょう。
袖(そで)は、帯と着物の間にはさみましょう。
次に、裾(すそ)を帯の上にくるまでしっかりめくりましょう。
しっかりと身体の前で抱えましょう。
以上をしっかりとすることで、用を足す際に着物が汚れる心配が少なくなります。

*下着

着物を着る際には、股上の浅い下着の着用がおすすめです。
なぜなら、股上が深いと襦袢(じゅばん)や肌着をかなり上げなければならないので、着付けが崩れてしまいます。

※トイレの後に確認

先ずは帯の後ろの垂れの部分が跳ね上がりますので必ず下へ戻して下さい。 お友達同士で確認すれば直ぐに分かります。

そして、おはしょりの部分も真っ直ぐに下に伸ばすこと。。。

当店UmeSakuraではトイレの仕方やした後の直しポイントなども説明させて頂きますのでお気軽にお尋ね下さい。

 

□まとめ

以上のように注意さえすれば、普通の洋服と同じようにトイレができます。
はじめのうちは慣れないので、きれいで大きなトイレで練習してみることをオススメします。
トイレの心配をすることなく、着物での快適な観光をしましょう。