着物で京都を観光する際の注意点を詳しく解説


「京都をレンタル着物で観光する際の注意点は?」
「初めての着物を着て観光するので不安がある」
着物で京都を観光することに憧れている方は非常に多いです。
しかし、普段あまり着物を着ない方はこのような不安を抱く方もいらっしゃるかもしれません。
今回は、このような方に着物で京都を観光する際の注意点をご紹介します。

□京都の地形

京都市の地形は、北側以外の全ての方角が山に囲まれている盆地です。
そのため、非常に坂道や階段が多いです。
例えば、京都の観光地として特に有名な「清水寺」や「円山公園」、「伏見稲荷大社」は階段や坂道が20分以上続きます。
そのため、着物で京都を観光する方は、歩く速度や歩幅に気をつけなければなりません。
京都には非常に多くの観光地があるため、できるだけたくさんの観光地に行こうと焦ってしまいがちです。
しかし、着物で歩く際は足を開きにくいことを考慮して、無理に歩幅を広げようとせず落ち着いてゆっくり歩きましょう。
特に、階段では転倒の恐れがあるのでより一層気をつけるようにしましょう。
ちなみに、多くの観光地を見たい方には「人力車」がおすすめです。
「人力車」を使用することで、歩くことなくガイド付きの観光が楽しめます。
人力車を見かけたら、ぜひ乗ってみましょう。
「八坂神社」や「清水寺」の付近に多く見かけられます。

□人混みに注意する

京都市は、関西の中でも大阪に次ぐ大都市です。
そのため、「祇園四条」や「三条」といった繁華街は非常ににぎわっています。
特に、土曜日や日曜日の昼間には混雑して前が見えないこともあります。
着物で歩く際は、他の人にぶつかったり転倒してしまわないように注意しましょう。

□交通機関を利用する

京都市内の交通機関は非常に充実しています。
例えば、「京都市営地下鉄」や「京阪電車」や「京阪バス」があります。
雨の日には、階段や坂道で転倒してしまうことが特に多いです。
そのため、雨が激しく降っている日には、身の安全はもちろんですが着物を汚さないためにも、このような公共交通機関を積極的に利用しましょう。
また、京都市内には非常に多くのタクシーが巡回しているので公共交通機関が通っていない観光地へ行く際には便利です。

□まとめ

以上のように、坂の多い地形の京都では、着物で観光する際には注意すべき点があります。
しかし、無理をすることなく落ち着いて観光をすれば問題ないです。
レンタル着物で京都観光をして、京都ならではの風情や雰囲気をぜひ楽しみましょう。