着物で映ればより映える!インスタ映え京都観光


着物を着て写真を撮れば、それだけでも十分インスタで映える写真が撮れますが、他と差のつく着物を着て「京都」を観光することでより注目を集めることができます。
そこで、ぜひ着物を着て、写真を撮っていただきたい、京都のインスタ映えスポットを3つご紹介します。

□八坂庚申堂(やさかこうしんどう)

八坂庚申堂は、カラフルなくくり猿で有名です。
くくり猿は、欲望のままに行動しないように、との願いが込められたお守りで、一つ欲望を我慢することで、一つの願いが叶うといわれています。
境内にはたくさんのカラフルなくくり猿が奉納されていて、着物を着た女性たちや、カップルが大勢訪れています。
インスタ映えすると人気な写真は、くくり猿をバックに着物で写った写真や自分の願い事を書いたくくり猿を持って着物で写る写真となっています。
訪れた際は、まず本堂にお参りしてから、写真を撮りましょう。
また、ぜひくくり猿にお願い事を書いて奉納してみてください。

□八坂の塔

先ほどご紹介した八坂庚申堂のすぐ近くにある八坂の塔では、まさに「京都の街並み」という雰囲気の写真が撮ることができます。
八坂の塔の周辺は京都の古き良き街並みがあり、道路の道端で、八坂の塔と京都の街並みを背景に全身が写るように撮ることで、「京都」らしい一枚になるでしょう。

□伏見稲荷大社

伏見稲荷大社は、約一万基の鳥居があることが有名で、海外の観光客から絶大な支持を得ています。
鳥居の朱色が鮮やかな伏見稲荷大社ですが、中でも有名で絶大な人気を誇る千本鳥居の景色は圧巻です。
ほとんど隙間なく奉納されている鳥居の間から太陽の光が入り、朱色がより鮮やかに照らされています。
そんな千本鳥居を歩いている着物の後姿の写真が、インスタ映え写真だと人気です。
また、千本鳥居を通り終わった後に現れる奥社参拝所の奥にある、おもかる石を持っての写真も、注目を集めることができます。
おもかる石は最初に願い事を考えて、そのあと石を両手で持ってみて、想像より軽かったら、願いが叶いやすいと言われている石です。
逆に、想像よりも重かったら叶うまでに努力が必要だといわれています。
ぜひ千本鳥居でインスタ映え写真を撮った後に、おもかる石にも挑戦してみることをおすすめします。

□まとめ

京都にはたくさんのインスタ映えスポットがありますが、特に着物を着て撮っていただきたいインスタ映えスポットを3つご紹介しました。
京都らしい写真でインスタ映えを狙うなら、目の肥えた京都人から見ても京都らしいと思われる、当店の上質で粋な着物をお召しになって、京都観光をすることをおすすめします。