メイクはどうする!?京都で着物をレンタルしたら


日本の古都京都では、たくさんの方が着物を着て観光を楽しんでいます。
「京都で着物」はまさに、「伝統的な日本の景色」なので、国内外の観光客、また地元の方からも、着物を着ている方にたくさん注目が集まります。
せっかくたくさんの方に、自分の着物姿を見てもらうなら、やっぱりきれいでおしゃれな姿でいたいですよね。
そんな方のために今回は、着物に似合う着物メイクをご紹介します。

□ベースメイク

着物に似合うベースメイクは、機能に注目しましょう。
直接的な和風の演出ではありませんが、着物メイクを保つため、また、楽しい観光を邪魔しないため、重要になってきます。

*保湿力

着物を着て観光する方は、お寺や神社など外を観光する方、長時間観光する方が多いと思います。
そうなると、お肌の乾燥が悩みの一つになります。
そこで、ベースメイクは保湿力の高いものを使うことをおすすめします。
保湿力の高いベースメイクを使うことで、お肌の乾燥を予防することができ、メイクくずれを気にせず外や長時間の観光を楽しむことができます。

□アイメイク

アイメイクは着物の印象も大きく左右させるので、特に着物メイクで重要なポイントになります。
すでに着たい着物の色が決まっている方と、決まっていない方それぞれにおすすめなアイメイクをご紹介します。

*すでに着たい着物の色が決まっている方

すでに着たい色が決まっている方は、着たい着物の色とアイメイクの色を同じにすることをおすすめします。
着物の色が与える印象に、同じ色のアイメイクがすんなりなじみ、統一感が出るため簡単に着物に合うメイクをすることができます。
(着物の柄によっては色の印象と異なる場合があります。)

*まだ、どんな着物の色を選ぶか決まっていない方

京都はお寺や神社などが多く落ち着いた雰囲気が魅力の場所が多いので、派手さを抑えた肌なじみのいいものを選ぶと、比較的どんな着物にも合い、どんな場所にも合う、きれいな印象を与えることができます。

□リップ

リップの色、さらには種類によってもメイクの印象が左右されるリップですが、着物に合うリップは、与えたい印象によって様々です。

*色が濃い印象の着物

色が濃い目な着物には、濃い色のリップをお勧めします。
そうすることで、着物とメイクの色の濃さのバランスが取れ、着物に目が行きやすくなります。

*色が薄めな印象の着物

色が薄めな着物には、肌なじみの良い自然な色を使うことがお勧めです。
体温によって色が変わるリップを使うと、ナチュラルに色が出せるので、落ち着いた印象にまとまります。

□まとめ

レンタル着物店で、着物を選ぶ前に着物に似合うメイクをすることは、容易ではありません。
自分の着たい着物の色を事前に決めておくことや、京都で着たい着物のテーマを決めておくことで、満足のいく着物に似合うメイクが叶うのではないでしょうか。
色は決めているけど、着物を見て自分に似合う着物を選びたい、自分に似合う着物がわからないという方には、当店の着物のスペシャリストがお客様と一緒にお客様に似合う着物をコーディネートいたします。
是非ご利用くださいませ。