レンタル着物|2018年おすすめの京都で紅葉を楽しめる穴場スポット3選!


「混雑を避けてのんびりと観光したい」
「混雑は苦手だけど綺麗な紅葉スポットへ行きたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
人が多いとどうしても疲れてしまったり、紅葉を満足に見ることができなかったりしてしまいますよね。

そのような混雑を避けたい方のために、今回は京都の知られざる紅葉の穴場スポットを3つご紹介いたします。

『嵯峨嵐山エリア』

□常寂光寺

常寂光寺は、小倉山の中腹にあって藤原定家の小倉山荘の跡地です。
百人一首が編纂された地とされています。
そんな常寂光寺では、赤い葉の絨毯ができた境内を抜け、かえでに覆われた石段を登り、振り返ると鮮やかな紅葉に染まった嵯峨野を一望できます。
晴れた日には、日本三大霊場のひとつである比叡山を眺望することも可能です。
また、重要文化財である高さ12メートルの多宝塔の周辺の紅葉は特に色鮮やかなのでおすすめです。

□祇王寺

祇王寺は、平家物語にも登場している、竹林とかえでに囲まれた寺院です。
秋には、かえでの葉が庭いっぱいに散り、赤く染まった絨毯のように庭を埋め尽くします。
そのため、祇園寺は紅葉の見頃が少し過ぎて、葉が散ってしまった後でも、十分に楽しめるスポットとなっています。
あえて紅葉が散った頃の祇王寺へ足を運んでみるのもいいかもしれないですね。
散った葉の哀愁漂う美しい景色に心奪われることでしょう。

『二条城エリア』

□神泉苑

神泉苑は、二条城の近くにある、1200年以上の歴史を持つ名所です。
神泉苑の池に掛かる法成橋は、源義経と静御前
が出会った場所であり、そこから二人の恋愛は始まりました。
そのことから、願い事を念じながら渡ると願いが叶うと言われており、恋愛成就を願う多くの女性から人気を集めています。
そんな神泉苑にある一番の見所は池の周りの紅葉です。
法成橋の朱色が紅葉の色と合わさって、よりいっそう秋の風景を鮮やかにしてくれています。
あの恒武天皇も池に写る紅葉を眺めて季節の移り変わりを楽しんだと言われています。
そのような池に写る鮮やかな紅葉はほっと息をつきたくなるような美しさです。

□最後に

今回は、京都で紅葉を楽しめる穴場スポットをご紹介いたしました。
京都で観光をする際にレンタル着物を着てみませんか?
着物を着ることでより京都を楽しめ、良い思い出が作れるでしょう。
着物レンタルUmeSakuraでは、お客様のご要望を聞いた上で京都人目線の落ち着いたラインナップで本格派着物スタイルを提案いたします。
また、着付けだけでなく、ヘアセット、荷物お預かりも無料で承っています。
京都観光をする際は、他と差の付くワンランク上の正統派着物レンタルUmeSakuraを是非ご利用ください。
皆さまのご予約お待ちしております。